メタルコアとファイバーコアの違い

●メタルコアとファイバーコアの違い

歯の治療はだいぶ進化してきています。そのため、痛みが少ない治療が出来たり、仮に歯がなくなったとしても本物の歯にそっくりな歯を作り出すことも出来ます。しかし、虫歯は治療が長引くこともあり、虫歯があると分かっていても治療を後回しにしがちです。そして、歯医者に行ったときにはかなりひどい状態になり、歯の神経を取り除かなければいけなくなってしまいます。そうすると治療に痛みが出てしまう場合もあり、通院期間も長くなってしまうのでもっと大変です。そうならないために、浜松の歯医者で定期健診をする事をオススメします。浜松なら優秀な歯医者がたくさんあるのであなたが気に入る歯医者を見つけることが出来ます。そこで、歯の神経を取ったら歯にかぶせ物をしなければいけなくなります。そこでクラウンとうものをかぶせますが、そのためには、コアと呼ばれる土台が必要になります。コアは建物でいえば基礎のようなものなので、しっかりと治療しなければいけません。そこで、コアには2種類あり、メタルコアとファイバーコアが存在します。では、それぞれの特徴や違いを紹介したいと思います。
まず、メタルコアは歯質と比べると非常に硬く、噛む力によって残った歯質を傷つけてしまう可能性があります。また、メタルは金属の色をしているので、クラウンでかぶせたとしても外から金属が透けてしまい、見た目は良くありません。第三者からみたときに治療している事が分かってしまいます。また、長く使い続けると金属の成分が溶けてしまい、歯茎を黒ずませてしまうという減少が起こる可能性があります。そして、ファイバーコアはクラウンの土台の部分をメタルではなく、グラスファイバーとコンポジェットレジンで作製したコアになります。ファイバーコアのメリットは、素材自体に柔軟性があるため、強い咀嚼力が加わったとしても歯根の破損などを防ぐ事が出来ます。また、グラスファイバーは光を通すので、金属が透けて見えることはなく、美しい歯を再現することができます。このように、それぞれの特徴がありありますが、自分の歯をより大切にしたければファイバーコアの方が適しています。特別な治療と思われますが浜松の歯医者でも取り扱っているので相談してみると良いです。浜松の歯医者で自分に合う歯医者を探してください。ですが、どんな治療をしても失った歯は元には戻らず再生をすることは不可能です。ですので、歯を大切に扱い、出来るだけ削ったりなくしたりしないようにしましょう。定期的に浜松の歯医者に検診に行って虫歯がないか調べる事が大切です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ