インプラントについて

浜松の歯医者で、入れ歯とインプラントどちらにしようかと、迷っている方は、インプラントについてどのくらいの知識を持っていらっしゃいますか?歯医者で、勧められるままに治療を受けるだけでなく、治療内容に関する広い知識を持つことが大切です。また、浜松の歯医者ではどの歯医者がインプラントの技術が高いのか、浜松の歯医者で無料カウンセリングを行っているところはあるのかなど、事前に調べておくことも重要です。
体の中に埋め込む医療機器のことを総称して、インプラントと呼んでいます。そして、歯が抜けて無くなってしまった場合、歯の代わりとしてインプラントを使用します。差し歯やセラミックの歯のことは、インプラントとは言いません。歯が無いところに入れた人口的な歯のことをインプラントと言います。
例えば、従来であれば両側にある天然の歯を削ってブリッジという形で、固定式の歯を入れていました。しかし、健康な歯を削るのは抵抗がありますし、ブリッジは生涯長く持つものでもないので、7年~8年毎に交換が必要になってきます。ブリッジの治療を2回、3回と繰り返していくうちに、ブリッジの支えになっていた歯も抜かなくてはいけない状態になってしまいます。
健康な歯はなるべく削らずに、歯を入れたいという人にインプラントは人気があります。
それから、複数本の歯を失い、固定式の歯が作れなくなってしまった場合、従来は部分入れ歯を使用するのが一般的でした。しかし、入れ歯だとどうしても歯に違和感があったり、どうしても残っている天然の歯で噛んでしまうので、残っている歯に負担がかかってしまうということが起こってしまいます。そういった歯の悩みを解決するために、部分入れ歯の代わりにインプラントを埋入することで、部分入れ歯のデメリットを避けることができます。
また、歯が全く無い総入れ歯の状態では、歯茎に人口の歯茎の付いた歯を乗せているだけなので、安定が悪い、喋ると落ちる、硬い物が噛めないといった問題が出てきます。そういった場合にも、インプラントを顎の骨に入れて、インプラントに総入れ歯を固定するということで、総入れ歯の悩みを解決することができます。
浜松にある青木歯科医院は、一般歯科の他にインプラントなどの審美歯科も行っている歯医者です。青木歯科医院では、最新のインプラント治療を受けることができるので、浜松でインプラントを検討されている方にお勧めです。他院で断られた場合でも、無料カウンセリングで一人一人にあった治療計画を提案してもらうことができます。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ