歯のメンテナンス

浜松に住んでいる方で、定期的に歯医者に通っている方はどのくらいいるでしょうか。歯は虫歯になってから歯医者に通うのではなく、定期的にメンテナンスすることで歯を健康に保つことができます。浜松では、歯科予防として歯のメンテナンスを積極的に行っている歯医者が沢山あります。
80歳までに残っている歯は、日本人で10本くらいと言われています。しかし、スウェーデンの場合になると80歳でも15本くらの歯が残っているそうです。日本人の場合は朝・晩歯を磨いてケアしていますが、スウェーデンの場合は朝・昼・晩と、食事の後に歯を磨いて尚且つ、3か月~半年に1回、虫歯が無くても歯医者さんに行って、悪くなっている歯がないかメンテナンスをしてもらっているそうです。歯茎の状態や、歯周ポケットの状態を診てもらうなど、普段から歯に対して気を使っているから、高齢になっても健在している歯が多いのです。
歯は毎日使うものなので、表面に細かい傷が沢山付いてしまいます。その傷に、虫歯や歯周病の原因となる虫歯菌や歯周病菌などが付着して増えていきます。メンテナンスの時に行うトリートメントで、歯の表面の傷を綺麗に修復してツルツルの歯を保つことができます。
メンテナンスでは先ず、虫が起こる原因をしっかりと調べて、状態を改善することが大切です。その上で、必要な箇所の治療を行います。そして、最も大事なことは、改善された状態が維持できるためのメンテナンス治療を続けることが一番必要なのです。このメンテナンス治療を行うことによって、初めて患者さんが長く歯を健康に維持することができるのです。
メンテナンス治療では、審査、染め出し、ブラッシング指導、歯石除去、歯面研磨などを行います。歯医者によっては、患者さんの歯の状態にあったメンテナンス方法を複数用意しています。担当の歯科衛生士が口の中の状態を丁寧にチェックします。染め出し液は、歯垢に反応し、歯を赤く染め出してくれる物です。プラークは、とても見えにくいものですが、染め出し液を使うことで、発見が可能となります。そして、超音波スケーラーという専用装置を使い、歯石を除去していきます。水をかけながら、1本1本丁寧にスケーリングしていきます。定期にメンテナンスを受けていると、歯石が殆どありませんがそれでもセルフケアでは限界がありますので、プロによるケアが必要となるのです。
浜松の青木歯科医院では、歯のメンテナンスだけでなく審美歯科も行っていますので、歯を美しく保ちたい方にお勧めです。浜松にお住まいの方で、歯の健康に不安を感じているという方は、浜松湖東高校前の青木歯科医院に相談してみましょう。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ