スケーラーとは

浜松の歯医者に通っている方は、歯医者で定期的にスケーリングを行っていますか?浜松の歯医者では、予防歯科でスケーリングを行っている歯医者が沢山あります。スケーリングとは、歯に付着した歯石をスケーラーという器具を使って取り除くことです。
虫歯がないかどうか、歯茎の状態はどうかなど、口の中を隈なくチェックします。チェックが終わったら、染め出しを行います。赤い液を使用することで、見えにくい歯垢を見やすくしていきます。歯垢は、2日で硬くなり付着して固まった上にどんどん歯垢が付着してしていきます。自宅での歯磨きだけでは、どうしても取り切れませんので、定期的に歯医者でスケーリングをしてもらうことが大切です。染め出しを行うと、一目で磨き残しが分かるので自分の歯磨きの欠点や癖を身けることができます。普段は見ることのできない歯の裏側も合わせ鏡を使って見ていきます。
そして、スケラーという機械を使って、歯に付着した歯石を取っていきます。器具の断面は、山形をしていて歯茎を包み込むようにして、歯と歯の間のクリーニングをします。歯医者によっては、フッ素入りのペーストを歯と歯の間に塗って、スケーリングで歯1本1本を丁寧にクリーニングしていきます。何故、歯と歯の間からスケーリングするのかというと、一番磨きにくい箇所だからです。つまり、虫歯や歯周病のリスクが高くなる箇所ということです。歯の表面を清掃する時は、カップ型の器具を使用します。歯を包み込むようにして、歯の表面に付いた歯垢を落としていきます。また、先の尖ったスケーリングの器具は、カップ状の器具では落としきれない隙間や窪みのあるところに使用します。スケーリングで全ての歯の歯垢を落とし終えたら、デンタルフロスを使って、歯と歯の摂食点のクリーニングを行います。
スケーリングは、歯周病治療を行って歯茎の状態が回復した方が、歯周病菌を増やさないように定期的にスクリーニングで歯石を落としたり、歯列矯正中の方やブリッジをしている方などに有効なお手入れ方法となります。スケーリングが終わったら、仕上げにフッ素でコーティングを行います。フッ素は、歯を強くしたり初期の虫歯の進行を止めてくれる働きがあります。歯を定期的にスケーリングしてもらうことで、虫歯になりにくい歯を保つことができます。
浜松に住んでいる方で、スケーリングに興味を持たれた方は浜松にある青木歯科医院がお勧めです。浜松市でも評判の高い歯医者なので、安心して通院することができますよ。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ