「むし歯の進行度について」

浜松市をはじめ全国の歯医者はむし歯の治療を行う前に、患者のむし歯の進行度合いについて知るように努めます。その理由は進行度合いによって治療法が異なってくるからです。その度合いはC0からC4といったレベルで表されます。この数字が大きくなるにしたがってむし歯が大きくなっていることになります。当然のことながら、むし歯ができたときはC0の状態であり、これを治療せずに放っておくことで進行していきます。浜松をはじめ全国の歯医者ではこの点に関する説明がなされるはずです。ではC0からC4までのむし歯がどのようなものであるのかをご説明いたします。
まずC0ですが、このむし歯に関しては自覚症状がほとんどありません。むし歯の初期段階であるために、場合によっては歯を削って治療する必要はなく、歯磨きやフッ素による治療で完治させることができます。しかし自覚症状がないゆえに見つけるのが難しいむし歯でもあります。そのため浜松の歯医者が勧めているように、定期検診を行って早期発見を心がけるべきです。
次にC1ですが、 むし歯部分が黒く変色します。これはエナメル質がすでに溶かされている状態です。しかし神経とは遠いところで発生しているむし歯であるために、痛みを感じることはありません。そのためC0と同様、見つけるのが困難なことがあります。このむし歯は奥歯にできやすいものです。そのため定期的に奥歯を下で触り、ザラザラとした感触があった場合は浜松の歯医者の診察を受けるべきです。この段階のむし歯は削る必要がありますが、痛みを感じることなく、しかもスピーディーに治療を行うことができます。
C1の状態を放っておくとむし歯は進行していきます。そしてエナメル質を溶かして象牙質にまで達し、このときには小さな痛みを感じるようになります。これがC2の状態です。特に冷たいものがしみると感じるようになったら、C2のむし歯を疑うべきです。そしてそのまま放っておくとむし歯はさらに奥深くにまで達するようになります。神経の近くにまで進行すると神経内の圧が高くなり、何もしなくてもズキズキと傷むようになります。これがC3です。
そしてさらにむし歯が進行すると、神経にまで影響が及ぶようになります。最終的に神経は死んでしまい、歯の痛みは感じなくなります。その代わりに歯の根元に膿が溜まり、ひどい炎症に悩まされることになります。これがC4です。C4の状態が続くと歯の根もだめになってしまい、差し歯すら取り付けることができなくなります。そのためこのような深刻な状況に陥ることがないよう、浜松をはじめ全国の歯医者は定期健診や早めの治療を勧めているのです。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ