歯周病の治し方


浜松で歯周病が気になるけど歯医者に行くのが面倒という方は、歯周病の恐ろしさを知らないのではないでしょうか。浜松の歯医者には、歯周病治療に力を入れている歯医者が沢山あります。浜松の歯医者に行く前に、歯周病の治療について知識を深めましょう。
歯は、歯茎に刺さっているだけではありません。歯周病菌は、歯の回りにの骨を溶かしていく病気です。溶けた骨は、骨折とは異なり元に戻りません。骨と共に下がっていって根が露出してしまうと、歯が元の位置まで戻るということはないのです。そういった場合には、歯の土台となる骨を作る治療も行います。また、歯茎を開いて、直接歯石を取ったり、炎症を起こしている組織を取って健康な組織に置き換える治療なども行います。
歯肉の役割は、ご飯を食べる力の緩衝をする役割もあるので、ご飯を食べる力が痛いと感じるような場合は、歯肉が赤く腫れて歯周病菌が沢山いる状態ということが考えられます。歯周病を治すためには、歯周病菌を抑えることが重要となります。歯が弱くなってグラグラしてしまったら、歯肉を戻すのではなくて、周りで固定してあげるという方法があります。歯周病になると、歯と歯茎の間を中心に歯垢が付いてしまいます。一度固まった歯垢は、歯ブラシをしても取ることができません。歯医者で、超音波という歯を削らずに歯垢をとっていきます。もしくは、殺菌水付きの超音波で歯周病菌を殺しながら歯垢を取ります。
歯茎の回りに炎症が起きている場合は、毛細血管がもろくなっています。そうなっていると、歯周病菌が毛細血管から入り込んで、全身に回ってしまい、心筋梗塞、誤嚥性肺炎、糖尿病などの全身疾患に関わる病気を引き起こしてしまう恐れがあります。
歯周病の治療は、歯医者での治療だけではうまくいきません。治療後の自宅でのホームケアがポイントとなります。ブラッシングやデンタルリンスを毎日丁寧に行うことで、歯周病菌の数をコントロールしていきます。歯茎の状態が、元の状態に戻ったたからといっても、一度起こってしまった歯周病の骨は、骨が溶けて元に戻らないため、隙間が広くなって歯周ポケットが広くなっています。歯周病菌が繁殖しやすい状態になっているので、歯医者で定期的にチェックする定期管理も重要となります。
浜松の青木歯科医院では、歯周病予防に力を入れています。浜松市の口コミランキングで1位を獲得したこともある信頼のできる歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ