支台歯とは

支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される歯のことで、十分な過重負担能力を有する歯のことです。支台歯となる歯には、通常の歯以上の大きな咬合圧がかかってきます。そのため、それに耐えられるだけの歯といえます。
例えば、歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込むことで歯の欠損などを補う入れ歯は、その周囲の歯にバネで固定することで使用できます。しかし、ばねを掛けた歯が数年でぐらつくようになってしまって、ばねを掛けた歯を歯医者で抜歯をすることになるといったデメリットがあります。また、周囲の歯が虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くなるといった場合もあります。
ブリッジは歯を失った場所に義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定する方法の補綴物です。左右の歯とセットで固定するため、より安定感がある治療法です。しかし、その一方で健康な左右の歯を削る必要があるため、周囲の歯が将来的に損傷する可能性も高くなるというデメリットもあります。これらには健康保険が適用できますのでよく用いられている治療法です。
浜松にある青木歯科医院はではMI治療の考えに基づき、歯質や歯髄を削ったりすることをできるだけ最小限にして、悪くなった部分だけを修復するという考え方を大切にした歯医者です。浜松にある青木歯科医院はインプラント治療にも力を入れている歯医者として定評があります。浜松にある青木歯科医院は多くのインプラント治療の経験と実績をもち、その高い技術力で、周辺地域において厚く信頼されている歯医者です。
浜松にある青木歯科医院はJR東海道本線の高塚駅から車で16分、県道65号線のバス停大人見町の近くにあります。
支台歯は、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される歯のことをいいます。支台歯には通常の歯以上の大きな咬合圧がかかり、十分な過重負担能力を有する歯が支台歯として選ばれます。しかし、ブリッジや義歯などの支台歯には大きな圧力がかかるため、ばねを掛けた歯が数年でぐらつくようになってしまい、ばねを掛けた歯を歯医者で抜歯をすることになるなどのデメリットもあります。また、周囲の歯が虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くなるといった問題もあります。
浜松にある青木歯科医院はではMI治療の考えに基づき、歯質や歯髄を削ったりすることをできるだけ最小限にして、悪くなった部分だけを修復するという考え方を大切にした歯科医院で、患者一人一人の治療ニーズを重視し、治療方法についてじっくり相談ができます。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ