インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

 インプラントは虫歯や歯周病などによって失われた歯の代わりに用いられる人工歯のことです。自分の歯のかわりに人工歯根を歯医者で顎の骨に埋入してもらいます。その上に人工歯を被せることで、これまで満足に噛むことができなかった患者がインプラントでしっかりと噛めるようになるという効果がある治療法です。歯医者では金属製歯根を顎に直接埋め込み固定してもらうので、自身の歯のように食べ物などを噛めるようになり、噛む喜びを再び手にすることができます。
インプラントの治療を行うと、治療後の噛む機能が正しく改善されることと審美性の高い効果が得られるという点も特徴です。
 それに対し、入れ歯は歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込みみます。そして周囲の歯にバネで入れ歯を固定します。期間が早く、インプラントに比べると安価に入れることができるといった点がメリットです。しかし、天然歯が無くなっているので、顎骨が痩せやすくなってしまい、周囲の歯に負担をかけるといったデメリットもあります。また、ばねを掛けた歯が数年でぐらつき、ばねを掛けた歯も歯医者で抜歯をすることになるといった短所もあります。また、周囲の歯に虫歯ができやすくなったり、噛み合わせが悪くなる場合もあるといった点もあります。
 ブリッジは歯を失った場所に義歯をはめて両側の歯と一緒に固定する方法です。左右の歯とセット固定するため、安定感があります。また、天然歯とほとんど変わらない自然な歯を入れることができます、その一方で健康な左右の歯を削る必要があるため、周囲の歯が将来的に損傷する可能性も高くなるというデメリットもあります。しかし、噛み心地は良く、保険適用も可能で、使用感に違和感が少ないという点が長所です。
 浜松にある青木歯科医院は特にインプラント治療に力を入れている歯医者です。浜松にある青木歯科医院は多くのインプラント治療の経験と実績をもち、高い治療技術力をもっており、周辺地域で厚く信頼されている歯医者です。 浜松にある青木歯科医院では、診察時には診察台の前にあるモニター画面に患者の口の中の映像を映し出すことによって、患者の納得性を大切にする治療をしてもらえます。また、土曜にも診療が行われているので、平日に忙しいといった人などにもおすすめです。浜松にある青木歯科医院はJR東海道本線の高塚駅から車で16分、県道65号線のバス停 大人見町の近くにあり、浜松市外からも患者が通院しています。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ