根管治療とは

根管治療は虫歯が歯髄に到達した状態の歯を治療する時に用いられる治療法です。虫歯になって歯髄が細菌によって炎症を起こしてしまった歯髄炎になってしまうと、歯がしみたり痛みなどが生じて、神経をとる必要性が出てきます。麻酔後、虫歯になっている部分を削り、歯の神経を露出させます。その時、リーマーなどの器具を使用して歯の神経を取り除いていきます。これを抜髄といいます。歯の神経を取った後は、神経が納まっていた部分が空洞になります。根管を薬剤で封鎖し、根管充嗔を行います。このような一連の治療を根管治療といいます。この時、歯の根の先までしっかりと薬剤を入れる処置を歯医者でしてもらうことが大切になります。もしも根管治療が十分でなかったり、歯根が割れてしまっていたりすると、根管内に細菌感染が起こり感染根管となって、根尖病巣につながることがあります。急に歯茎が腫れたり、痛みが出たりといった症状が現れたり、副鼻腔の炎症につながったりします。また、歯以外の体の器官に不調がでたりする場合もあり、全身性の疾患につながる恐ろしい病気です。虫歯だけでなく歯周病が原因でこのような症状が起こっていることもあり、歯医者さんで撮ったレントゲンに黒い影が確認された時には、その原因についてしっかりと鑑別診断をしてもらう必要があります。
浜松にある青木歯科医院は患者一人ひとりに最適な治療を行うことで、痛くない診療を心がけている歯医者です。痛くない歯医者を探しているなら浜松にある青木歯科医院はおすすめの歯医者です。
浜松市の青木歯科医院には多くの虫歯治療実績もありますので安心して通うことができます。
浜松の青木歯科医院はJR東海道本線の高塚駅から車で16分、県道65号線のバス停大人見町の近くにあります。
根管治療は歯の内部にある歯の神経や歯髄が通る根管内の歯髄に虫歯が到達することで、歯髄が細菌感染して炎症を起こしてしまった状態になった時に必要になります。歯髄炎になると歯がしみたり痛みなどが生じ、治療を行うために神経を取ることが必要です。また、行った根管治療が十分でなかったり、歯根が割れてしまっていたりすると、根管内に細菌の感染が起こり感染根管となり、根尖病巣につながることがあります。急に歯茎が腫れたり、痛みが出たりといった症状が現れたりした場合には注意が必要です。副鼻腔の炎症につながったりします。浜松の青木歯科医院は虫歯の治療にはリーマーなどを用って、痛くない根管治療を行ってもらえる歯科医院です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ