予防歯科の重要性

 日本人は歯医者に行くのは歯が痛くなってからという人が多いという傾向があります。それに対して、欧米人は痛くなる前に行くという人が多いといわれています。つまり、日本では治療のために行く人が多くいるのに対し、欧米では予防のために通うといった考え方の違いが浸透しています。
予防歯科は、虫歯や歯周病などになってから治療するのではなく、治療が必要となる前に予防に重点を置いた治療のことです。虫歯や歯周病にならないようにする予防治療で、虫歯や歯周病を未然に防ぎ、歯や口の健康な状態を保つように治療がなされます。
 日本人が80歳になった時、歯の残在歯数はたった10本程度といわれています。それに対し、欧米では同じ年齢の人の残在歯の数は20本くらいといわれており、日本の倍くらいの歯が残っているのです。この違いが予防歯科に対する認識の差であると指摘されています。
 虫歯になる前に予防してもらうため検診を受けた人と、痛くなった時だけ歯医者に通う患者では最終的な残存歯数は大きく異なってきます。また、歯は糖尿病や脳卒中などの他の医科疾患との関連性も指摘されていて、予防医療は将来の医療費の削減といった点でも重要です。つまり、歯に対する認識の違いは将来の健康面や経済面においても大きな差になるのです。浜松市にある青木歯科医院は、このような認識の違いを埋めるための予防歯科の治療サービスにも力を入れています。
浜松にある青木歯科医院は、かかってしまった後の治療より、将来の疾患を未然に防ぐことに力を入れ、できるだけ歯を削らない治療を提供しています。日本人は歯医者に行くのは歯が痛くなってからという人が多いため、痛くなる前に歯科医院に行くという習慣をもつ人が増えるよう、実践を通して啓発活動を行っている歯医者です。
浜松にある青木歯科医院はJR東海道本線高塚駅からは車で16分の、県道65号線のバス停大人見町からアクセスすることができます。敷地内には平屋建ての落ち着いた雰囲気の歯科医院があり、ゆったりとした雰囲気の中でリラックスして治療を受けられるようになっています。
日本では治療のために歯医者へ行く人が多いのに対し、欧米では予防のために通う人が多くいます。予防歯科は、虫歯や歯周病などになってから治療するのではなく、治療が必要となる前に予防に行くという考え方に立脚しています。浜松の青木歯科医院は患者の良好な口内環境を維持できるよう予防医療に努め、浜松の青木歯科医院では1、2ヶ月に1回の定期的な歯のメンテナンスサービスを提供することで、将来的な虫歯や歯周病などを予防しています。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ