分かりやすい歯周病の解説

浜松に住んでいる方で、歯医者に行くのが億劫だと感じていらっしゃる方は、歯周病がどのような病気かご存知でしょうか。特に、口臭が気になってきたという方は歯医者で診てもらった方がいいかもしれません。特に、浜松の歯医者でこれから入れ歯をインプラントにしたいと考えている方は、歯周病を事前に治しておく必要があります。
口臭の原因が歯周病であれば、口臭を予防するために、舌磨きを行っても効果は一時的です。口臭の原因となる歯垢に潜んでいる歯周病菌が増えると歯周病菌が、間接的にも直接的にもガスを出します。それが、口臭の原因となる場合があります。舌をブラシで掃除することで、表面的な歯周病菌を取り除くことができても歯垢の中の歯周病菌を絶たないと、再び舌の上で繁殖し口臭は元に戻ってしまいます。
歯垢を除去すると、単にニオイが消えたと思ってしまうかもしれませんが、歯周病は動脈硬化や糖尿病、心内膜炎などの全身疾患に大きく関わっています。口は、空気を吸ったり食べ物を食べたりする体外と体内の入り口です。例えば、虫歯菌は、食べかすを原料にして酸を出します。酸を出すことによって歯が虫歯になっていきますが、虫歯菌の種類には酸素が必要となります。酸素が必要となるため、虫歯菌は歯の上にいます。つまり、体内には入ってこない菌ということです。しかし、歯周病菌は、歯と歯茎の間にくっついてしまいます。そうして、徐々に歯周病菌が増えていくと歯周ポケットが深くなります。歯周病菌は、虫歯菌とは異なり酸素を嫌います。そのため、どんどん酸素の少ない体内に入り込もうとするのです。しかも、歯周病菌が増えていき、歯茎や骨を溶かしていきます。更に、歯周病菌が増えることによって、菌と戦ってきた自分の免疫が自分の歯を攻撃しだします。歯周病菌が、歯茎の毛細血管に入り込んでしまうと、菌は全へと巡ります。歯周病菌は、歯垢1mg中に1億から2億個存在します。歯周病菌は、感染症ですが誰の口の中にもいると言われています。歯周病になると、歯が失われてしまうだけでなく、全身疾患に罹る恐れも出てきますので毎日のブラッシングと歯医者での定期的な歯科検診が重要となります。浜松には、歯周病の治療と予防に力を入れている歯医者が沢山あります。中でも、浜松の青木歯科医院では、予防歯科の他に歯周病の予防についてもしっかりケアしてくれる歯医者です。浜松の歯医者で歯周病治療を受けたい方にお勧めの歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ