抜髄について


●抜髄について

虫歯の初期は症状がないことから自分で発見する事は難しいです。自分で歯が痛いなと気がついた頃には症状が進行してしまっています。そして、症状が進行していくと、やむを得ず抜髄が必要になります。こうなると金銭的にも負担になりますし、治療も長くかかってしまいます。しかし、だからといって虫歯が出来てしまったら放っておくわけにもいけません。虫歯は良くなっていかないので必ず歯医者で治療しなければいけません。そんな時に浜松の歯医者に相談する事をオススメするのです。今は、歯の治療も最先端の技術を使っているので比較的痛みがなく、治療を行う事が出来ます。必ず麻酔をするので歯の治療自体は心配する事はありません。浜松の歯医者にも優秀なところがあるので自分で探してみると良いです。では、抜髄について紹介します。虫歯といってもすぐに虫歯の部分が取れるわけではありません。また、抜髄が必要なほどの虫歯であればなおさら、何回かにわけて治療しなければいけません。何度かに分けて虫歯菌に侵された歯の内部の消毒をしていく事が必要です。治療のたびに徐々に綺麗になっていくので、何回か歯医者に通う必要があり、その回数も歯の根管の形や状態によって時間がかかったり、治療回数が多くなったりする場合があります。回数は治療してみないと分からないので気になったら、浜松の歯医者さんに聞いてみましょう。
そして、抜髄をするとどうしても痛みが出てしまいます。治療自体は麻酔で痛みがないのですが、そのあとに痛みを伴う事があります。これは、歯髄腔の中の炎症反応が、根の先から歯根膜まで広がると、抜髄した後に噛むと痛くなります。あまりに痛ければ痛み止めがもらえますし、3~7日で痛みはなくなるので数日我慢すれば良いだけです。そして、その後は、削った歯の中に土台を作り歯を全体的に覆って歯が割れるのを防ぎます。抜髄治療は1回目の根の中に感染させないようにすることが大切です。しかし、どんなに丁寧に治療したとしても100%の成功率はありません。ですので、もしかしたら、上手くいかなくてまた、治療をやり直すリスクがあるという事を覚えておきましょう。これも歯医者がどれだけ丁寧に行ったかによって成功率を上げる事が出来るので評判の良い歯医者に通う事をオススメします。浜松はたくさんの優秀な歯科医師がいます。ですので、自分にあった浜松の病院に通い、医師と話し合いながら治療をしてください。そして、虫歯をなくして綺麗な歯を取り戻してください。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ