金属アレルギー


浜松の歯医者では、金属アレルギーの方でも安心して歯の治療を受けることができる歯医者があります。浜松にある青木歯科医院では、メタルフリーといって、金属を使用しない治療を優先しています。浜松で金属アレルギーの方にお勧めの歯医者です。
トラブルの多い金属として、水銀、ニッケル、コバルト、クロム、銅などがあります。金属が汗などの影響で、イオン化して溶けだして体内に侵入してアレルゲンとなり金属アレルギーが発症するのが原因だと言われています。口腔内の金属から掌蹠膿胞症といって、手や足などに湿疹が出たり、味覚異常や口内炎、皮膚炎などの症状が起こります。金属そのものは悪くないのですが、金属が腐食するとよくないのです。口の中にある金属は、必ず腐食します。例えば、雨風にさらされた鉄が錆びるように、口腔内の金属も経年劣化により腐食するのです。
現在、自覚症状は無くても、口内炎や発疹などの症状がいつ出るか分からない上に、仮に症状が出ても、金属アレルギーの症状は気づきにくいと言われています。
炭酸など刺激の強い飲み物を飲み過ぎると、金属が腐食するのではないかと、心配されるかもしれませんが、特定の飲み物や食べ物のせいで腐食するということはありません。最近では、ハイブリッドセラミックスの歯を使用して、金属を使わない治療法がありますが、保険適用外となります。金属が腐食しているかどうかは、定期的に歯医者に通って、金属が腐食しているかどうかを診てもらうことが大切です。。費用の問題で、金属の被せ物を使用する場合があるかもしれませんが、長い目で考えるとセラミックの方が長持ちして、健康にも良いということもあります。セラミックは、保険が利きませんが、レジンというプラスチック素材のものであれば、保険が利きますので金属アレルギーの方や、金属の腐食が心配という方は、歯医者で相談してみましょう。
1970年代に歯を治した方の中には、アマルガムといって水銀が含まれている充填材が使用されていた時期があります。アマルガムは、50%が水銀でできています。また、ニッケルにも発がん性物質が含まれています。他にも、パラジウムは電磁波を広いやすく、体に不調をもたらします。アマルガムは現在は、使用されていませんが、昔治療した歯が長持ちしているという方で心配な方は、歯医者で診てもらうことをお勧めします
浜松に住んでいらっしゃる方で、もしかして金属アレルギーかも、と心当たりのある方は、浜松の青木歯科医院で診てもらうとよいでしょう。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ