リーマーとは

リーマーは根管治療に使用される器具です。歯の内部には歯の神経や歯髄が通る根管があります。歯が虫歯になると虫歯が歯髄に到達します。そうなると、歯髄が細菌によって炎症を起こしてしまった状態となります。この状態を歯髄炎といいます。歯がしみたり痛みなどが生じ、神経を取る必要性が出てきます。リーマーは虫歯が歯の神経まで到達している時に、歯の神経を取り除くために使用する治療用道具です。麻酔後に、虫歯になっている部分を削り歯の神経を露出させます。その時、リーマーを使って歯の神経を取っていきます。これを抜髄といいます。歯の神経を取ると、神経の入っていた部分が空洞になります。その根管はリーマーなど利用して更に拡大させていきます。これを根管治療と言います。その後、根管をガッターバーチャという薬で封鎖していきます。これを根管充嗔と言います。
このようにリーマーは、虫歯が歯髄に到達した時に、歯髄を摂るために用いられたり、根管を拡大させたりする際に使用される根管治療用器具です。
浜松にある青木歯科医院はC2よりさらに進行した状態の神経まで到達した虫歯の治療として次のような治療を行っています。神経まで進行した虫歯は篤いものもしみてきます。何もしていないときにもズキズキ感のある痛みがあります。このような場合には神経を取り除き、神経が収まっていた根管内部を消毒し、薬剤を詰める根管治療が必要となります。リーマーなどの根管治療用器具を利用して神経を取り除いた後は、クラウンを被せます。
痛くない歯医者を探しているなら浜松にある青木歯科医院はおすすめです。浜松にある青木歯科医院は多くの虫歯治療実績があり、浜松周辺地域でも厚く信頼されている歯医者です。青木歯科医院はJR東海道本線の高塚駅から車で16分、県道65号線のバス停 大人見町の近くにあり、市外からも患者が通院している歯医者です。
浜松にある青木歯科医院は患者一人ひとりに最適な治療を行い、優しく、痛くない診療を心がけ、安心して通える歯医者を目指しています。歯の内部には歯の神経や歯髄が通る根管があります。歯髄に到達してしまった虫歯になると、歯髄が細菌によって炎症を起こしてしまった状態となります。歯髄炎になると歯がしみたり痛みなどが生じて、治療を行うために神経を摂る必要性が出てきます。青木歯科医院は虫歯の治療にはリーマーなどを用い、痛くない根管治療を行ってもらえる歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ