8020運動の特徴について


●8020運動の特徴について
8020運動というのは、80歳になっても20本以上健康な歯を残して、高齢になっても健康的に生活を送る事を促す為の運動であり、日本歯科医師会等によって取り組まれているものです。

生涯に渡って自身の歯でものを食べる事が出来るというのは重要な事であり、寿命にも密接に関わる要素と言えますし、若い時から歯医者に定期的に通ってチェックしてもらう事が重要であり、虫歯や歯周病等の病気が無くても、定期的に歯の点検に行く事は有効と言えます。

こうした8020運動を達成出来れば本人にとっても良いですし、国全体の事を考えても医療費負担や介護費の削減にも繋がり、20本の歯を持っていれば大抵の食事は不自由する事なく食べれるものです。

この運動が始まった当初は達成率は非常に低く、80歳で残された歯の平均は5本程度であり、20本以上の方は7%程度だったのですが、現在では4人に1人程度の割合で達成出来ています。

これを達成する為には歯と歯の間をデンタルフロス等で汚れを取る事が有効であり、歯医者等で指導してくれますし、歯医者に行けば歯石除去等含めて普段の歯磨きでは取り切れない汚れも取ってくれるものです。

浜松周辺に在住の方は、予防歯科として頼れる歯医者はいくつかありますから、そうした所を選ぶと有効であり、浜松在住で無くても浜松周辺で通いやすいという方は、予防歯科として選択する事は有効と言えます。

浜松の青木歯科医院は予防歯科にも力を注いでおり、口腔内の健康を保つ為に様々なケアを行っている歯医者です。

大体1から2ヶ月に一度の頻度で浜松の青木歯科に行けば、メンテナンスを受けて、虫歯や歯周病に発展する前段階でも治療を行えますし、早期発見早期治療を行う事が望ましく、仮にかかってしまっても対応可能になってます。

どうしても毎日の歯磨きでは取り切れない歯垢が出てきますから、こうした専門知識や技術力を持った所で任せると、高齢になっても健康な歯を維持する事が可能です。

定期健診やプラーク染め出しで磨き残しを実感したり、ブラッシングの指導やフッ素塗布、噛み合わせチェックと色々な方法で予防可能になります。

こうした8020運動を達成すれば、噛む力を維持して脳にも良いですから認知症の予防にも繋がり、美味しく食事を出来る事によって生活の質も高まり、リラックス効果も高いです。

良い予防歯科を見つけて対応し、なるべく継続的に通ってケアする事が成功のポイントになります。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ