根尖病巣の症状

●根尖病巣の症状

歯医者は比較的家の近くにあるので、かかりやすいと思います。また、浜松にもたくさんの歯医者が存在します。浜松の歯医者は最新の技術が利用されているため、最低限の痛みで治療できました。ですが、虫歯は命に関わる事が少ないので歯が痛くても放置してしまう人が多いです。また、虫歯の状態がひどいと治療が長期になるため、後回しにしてしまうという場合もあります。しかし、虫歯をそのままにしたり、根の治療がうまくいかないと根尖病巣という状態になっています。この根尖病巣の怖いところは、症状がなく進行することが多いため、急に歯茎がはれたり、痛みが出てしまう病気です。つまり、気がついたときには状態が深刻になっている場合が大変多いです。そして、さらに怖いのは根尖病巣は歯だけではなく、副鼻や顎の骨、手足にも症状が出てしまうことです。では、どんな症状が出てしまうか詳しく紹介します。
まず、根尖病巣がある歯で噛むと違和感や痛みを感じる事があります。そして、急に腫れたりすることがあり、特に体の体力が低下した時に特に腫れが強くなります。ひどい人は、顔の形が変わるぐらい大きく腫れたり、口が開かなくなる事があるので、かなり酷く腫れてしまいます。そして、根尖病巣によって歯の周りの骨が溶かされ歯がグラグラしてくることがあります。そしてもっとひどくなると周りの歯までグラグラしてきてしまうので、注意が必要です。他にも、根尖病巣にある細菌は血液を介して全身に回ります。そのため、最近がアレルギー物質になり手足に湿疹ができてしまい、金属アレルギーになってしまう事もあります。上顎の根尖病巣は副鼻腔炎の原因になり、下あごが根尖病巣になると骨髄に最近が感染して骨髄炎になることがあります。骨髄炎になると入院しなくてはいけなくなるので、状態を放っておくのは非常に危険です。このように、根尖病巣は放っておくと非常に危険な病気です。ですが、進行しても症状が現れず、気がついたときはかなりひどい状態になっています。根尖病巣を防ぐためには、定期的に歯医者に行って歯の状態を見てもらうことが大切です。歯医者は浜松にもたくさんあるので、一度検診してもらう事が大切です。浜松には優秀な歯医者もたくさんあるので、自分に合うところがみつかると思います。もし、虫歯になっていたら、放っておいても絶対に良くはなりません。むしろどんどん状態が悪化していくばかりなので、必ず治療してください。治療は早ければ早いほど良いので浜松で評判の良い歯医者を見つけてください。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ