予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病などになってから治療するのではなくて、治療が必要となる前の予防に重点を置いた診療のことです。虫歯や歯周病にしないための予防治療で、虫歯や歯周病を未然に防ぎ、歯や口の健康を保ちます。
毎日歯を磨く日本人の割合は10人中9人以上となりました。それにも関わらず、10人中9人の人が虫歯にかかります。そして8人は歯周病にかかっているというのが現状といわれています。どうして毎日歯を磨いているのに虫歯や歯周病にかかってしまうのでしょうか。その原因はどんなに念入りに歯磨きをしても、歯と歯茎の境目について汚れなど、すみずみまできれいにするのは難しいのです。そのため、歯科医院などで定期的に汚れを落としてもらうプロフェッショナルによるケアと、毎日の自己ケアを両方取り入れることで予防歯科の実践ができるのです。
歯についた汚れはプロの歯科衛生士でも3分では取り除くことはできません。そのため、毎日3分3回磨いても磨き残しが出てくるのです。
このような虫歯や歯周病を予防しないでいると、口臭の原因や認知症になるリスクが高くなったりと大切な健康や生活に影響が出てしまうのです。また、生涯の医療費にも大きな違いが出てくるという報告がアメリカでありました。また、 日本では歯医者に行くのは痛くなってからという人が多いといわれています。それに対し、欧米など海外では痛くなる前に歯医者に行くという人が多いといわれています。つまり、日本では治療のために歯医者へ通い、欧米では予防のために通うといった認識の違いが浸透しているのです。
 浜松市にある青木歯科医院は、このような認識の違いの中で、予防歯科の浸透を目標に掲げ、できるだけ歯を削らないということを大切にした治療を提供し、予防医療の充実に努めています。浜松市にある青木歯科医院はよりきれいな歯でおいしく長く食事がとれることをモットーとして予防医療を推進している歯医者です。
浜松にある青木歯科医院はJR東海道本線 高塚駅から車で16分、県道65号線のバス停大人見町からアクセスでき、広い敷地内には平屋建ての落ち着いた雰囲気の歯科医院の建物があります。浜松にある青木歯科医院は予防歯科にも定評があり、早期発見、早期治療のためな定期的なチェックアップが行われています。
予防歯科とは、虫歯や歯周病などになってから治療するのではなくて、治療が必要となる前の予防に重点を置いた診療のことです。浜松市にある青木歯科医院は医療費削減効果も期待されている予防歯科にも力を入れている歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ