入れ歯の重要性

浜松の歯医者で入れ歯を作りたいけど、高額な治療費が気なるという方は、治療費よりもご自分の健康を考えて下さい。歯が無いと、美味しく物を噛んで食べることができないだけでは済まされないのです。浜松にお住まいの方で、インプラントは無理でも入れ歯はちゃんとしたものを作りたいと考えていらっしゃる方は、浜松の信頼のおける歯医者で自分に合った入れ歯を作ってもらいましょう、
日本では、平安時代から木製の入れ歯が作られていました。現在では進化を続け、歯茎にフィットする違和感のないまるで、自分の歯のような入れ歯が作られています。入れ歯は健康のために欠かせません。しっかり噛んで食べることで、肥満を防ぎ心筋梗塞や脳卒中などの予防に繋がる他、認知症になりにくいという調査結果も出ています。
口と歯の健康こそが毎日の生活の基本となります。自分の歯が20本残っている人は、よく噛めることで全身の健康にとって良い条件を持ち、病気になっても医療費が少ないという結果も報告されています。しかし、大切な歯科治療が困難な状況になってきていると言われています。
治療を経済的な理由から断念する人が増えてきていますが、そのため虫歯や歯周病の治療ができなくなり歯を失ってしまう方が増えています。また、健康保険では賄えない歯科治療もあり、インプラントは保険外の治療となります。丈夫で入れ心地の良い金属製の部分入れ歯を入れる場合は、未だに保険が利きません。健康保険の受けられない高額な治療を受けることができる人は限られています。多くの患者さんは、健康保険内での治療を受けたいと思っていますが、保険の利く治療が制限を受けたり、縮小されたりすると自費新診療が増えることになります。しかし、保険内でも使いやすい入れ歯が開発されてきましたので、気になる方は歯医者で相談をしてみましょう。
最近では、若い方でも歯を失って入れ歯にすることがあります。ぱっと見が入れ歯と分かるような感じになることを気にする方が多いと思います。確かに、見栄えが悪い場合もあるかもしれませんが、昔の写真を見たり、口でしっかり合わせながら、歯並びを治したりといったことを患者さんと相談しながら入れ歯を作っています。昔と違って現在の入れ歯は、かなり使いやすく、自分の歯に合ったものを作ってもらうことができますので、入れ歯だと気づかれないようにすることも可能です。
浜松の青木歯科医院では、保険入れ歯から審美歯科まで幅広く対応してくれる歯医者です。浜松市の人気のある歯医者として多くの患者さんから支持をされている歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ