入れ歯の種類について


浜松に住んでいる方で、入れ歯は恰好悪いから高くてもインプラントにしたいと考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。また、歯医者で、入れ歯を作りたいけど費用がかかるので、どうしようかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。浜松の歯医者では、入れ歯とインプラントの両方に詳しい歯医者が沢山あります。
入れ歯は、歯が抜けた所を補う取り外しができる物です。入れ歯は、高齢者が使用するものというイメージがあります。総入れ歯の他に、1本だけ抜けた歯を補うための部分入れ歯などもあります。中には、取り外しの聞かないブリッジという入れ歯もあります。ブリッジとは、1本だけ歯が抜けた場合に用いられます。スポーツをしていて、歯をぶつけて取れてしまったなどといった場合は、そこだけ部分入れ歯するのは嫌ですよね。そういった場合に、ブリッジで抜けた歯の両隣の歯を薄く削って、橋渡しするようにくっつけてしまいます。
失った歯を放置していると、残りの歯が動いてしまいます。歯が倒れてきたり、前の方に動いたりといったことが起こり、処置に時間がかかってしまいますし、しっかり物を噛めなくなってしまいます。
それから、インプラントは、歯根の代わりとなるチタン製の金属を埋め込んで歯台を作り、その上に人口の歯を作るという入れ歯です。骨に金属を埋め込む手術が必要となりますので、事前に検査を行って、患者さんが手術に耐えうるか、骨がしっかり金属を埋め込むのに耐えられる力があるかということ調べます。
インプラントは保険外となりますが、入れ歯の治療にも保険外ものがあります。例えば、金属床を金属にすると保険外となります。しかし、入れ歯を入れることによって食べ物の温度が分かりにくくなったり、吸着しにくくなり外れやすいといった不便さが生じますが、金属床にすると比較的そういった症状に悩まずに済むというメリットがあります。
最近の入れ歯は、技術が進歩しているので、保険内の入れ歯であっても、使いやすいものが増えてきました。いきなり高額な入れ歯にしなくても、保険内で作れる入れ歯から試していっても快適に使用することができるかもしれません。
浜松の青木歯科医院では、保険内で作ることができる入れ歯や、保険外の入れ歯などについて親身に相談に乗ってくれる歯医者です。痛くない虫歯治療でも定評があり、浜松市では口コミランキングで1位になったこともある人気の歯医者です。浜松に住んでいる方で入れ歯が必要という方にお勧めの歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ