気付きにくい歯周病の進行

浜松で歯周病の治療を受けたいと考えている方は、歯医者だけの治療では歯周病は上手くいかないということを理解されていますか。歯医者で歯周病を治しても、その後のケアが重要となるのです。浜松の歯医者に通う前に、歯周病の進行度について理解を深めてみませんか。
歯周病は、歯と歯茎の間に歯垢が付着することから始まります。初期の段階では、歯茎の腫れや出血のみで痛みはありません。歯周病は、歯と歯茎の溝である歯周ポケットができて、歯周ポケットに歯垢が溜まっていくことで重症化していきます。更に、歯がグラグラし始めると、痛みを自覚するようになるのですが、すでに症状は重症化しています。
歯周病は、自覚症状があまりでないのが特徴です。そのため、初期治療をせずに重症化するまで放置する人が多い病気でもあります。放置された歯周病は、長い時間をかけてゆっくりと進行していきます。歯周病は、初期段階で治療すれば完全に治すことが可能な病気です。しかし、一旦進行してしまうと、進行を食い止めることはできても完全に治すことが困難となります。つまり、初期段階で放置してしまった歯周病は、いつの間にか完治できない状態まで進行してしまいますので、多くの人が長い間歯周病を患うことになるのです。
●歯周病の進行と症状
・軽度・歯肉炎といって、歯茎のみの炎症。
・重症・歯周病に罹り、歯垢の侵入により、深い歯周病ポケットが形成されます。炎症が、セメント質で、歯根膜、歯槽骨まで歯周病菌が入り込みます。
・咬合性外傷といって、噛み合わせにより、特定の歯に過剰な力が加わって外傷となることで、歯周病菌が悪化する場合もあります。
歯周病の痛みは、歯茎や腫れが進み骨も痩せ始める頃にようやく出てきます。
歯肉炎の段階では、歯茎が腫れたり、出血することはありますが、痛みはありません。しかし、すでに歯と歯茎の間には歯垢が溜まって歯周ポケットが広がってきています。この、歯肉炎の段階で歯周病に気が付いて、歯医者で治療を行っていれば完治させることができるのです。
しかし、治療せずに放置していると、症状が悪化して歯周炎になります。そうなると、日常的に歯茎が腫れて、出血、膿、口臭などが出るようになります。悪化すると歯が動き、痛みを感じるようになります。
浜松では、歯周病の治療と予防に詳しい歯医者が沢山あります。中でも、浜松の青木歯科医院では、一般歯科から審美歯科まで幅広く歯の治療に対応している歯医者なので人気があります。浜松でこれから歯周病の治療を受けたいと考えている方にお勧めの歯医者です。

お知らせの最新記事

診療科目

お知らせ